正社員のリアルノート

正社員になることのメリットやデメリットなど、リアルな情報をメモしたサイト

働く際の給与体系

コストコも取り入れた時給制の正社員!メリットやデメリットはどうなってるの?

更新日:

こんにちは、春樹です。

僕は、フリーターから26歳の時に正社員になりました。

その時は、正社員といえば月給制しかないと思っていました。

ですが、最近は正社員なのに時給制を取り入れている企業が増えているのです。

月給制の正社員は、安定した生活が確保される一方で残業が多くなったり休みが取りづらくなることがあります。

時給制の正社員は、給料アップして、休みも取れやすくなって今の時代に合っているといえます。

あなたが、時給制の正社員に興味を持っているなら、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

ちなみに、優良企業に就職できる就職支援サービス「ハタラクティブ」の登録はコチラから

コストコも取り入れた時給制の正社員!メリットやデメリットはどうなってるの?

時給制で働く正社員にもメリットはある

時給制で働く正社員は一見不利なように感じますよね。

ですが、時給制であるがゆえのメリットは以下のようなものがあります。

休日が多く取れる

職種によっては、一年を通して忙しい時期と、わりと暇な時期があります。

特に、お盆や年末年始、年度末が忙しくなります。

時給制にすることで、暇な時期は全社員で働く必要はなく、その分休日が多く取れることができます。

休日が多くなることで、趣味をしたりや気分転換ができますね。

たとえば、旅行好きな方にとっては遠くに出かけてみたり・・・

そうすることで、日々の疲れやストレスも解消できて、仕事に集中することができますね。

普段はできないようなことを見つけてやってみることで、気分転換にもなりますよ。

あるいは、結婚している方であれば、家族サービスをしてあげることで喜ばれますよね。

時給制で働く正社員にもメリットはある

やる気アップにつながる

月給制だと、忙しい時期も暇な時期も、同じ給料を社員に支払わなければいけません。

社員からするとラッキーと思いますが、会社としては損していることになります。

ですので、暇な時期は出勤する社員を減らすことで、人件費を削減することができるのです

これは会社側にも従業員にもメリットがあるのです。

忙しい時だけ社員総出で仕事をすることで、効率も上がりますしやる気アップにもつながりますよね。

暇なときが続いてしまうと、ダラダラと仕事をする癖がついてしますので、それを防ぐ効果もあるのです。

給与がアップできることも

月給制だと、残業代込の給料になっていることもあります。

どれだけ仕事をやっても給料は変わらなくて、嫌になって辞めてしまうこともあるのです。

ですが時給制にすると、一時間あたりで給料は決まります。

一時間以上残業をして、残業代が支払われないということがないのです。

だからこそ、残業時間が多ければ多いほど給料がアップできるのです。

さらには、土日に出勤することで休日手当として、上乗せした時給になりますよ。

時給制でも意外と制度は整っている

時給制でも意外と制度は整っている

時給制になると、不安になってしまうことはボーナスや福利厚生、有給だと思います。

まず、有給はアルバイトであっても正社員でも勤務年数に応じてもらうことができます。

その条件は、6か月以上かつ8割以上出勤した方です。

正社員であれば、この条件は間違いなくクリアできるので有給はもらえるので安心ですよ。

福利厚生についても、勤務時間をクリアしていれば、健康保険と厚生年金の加入対象になります。

平成28年10月から、月30時間以上もしくは従業員501人以上の会社で、月に20時間以上働くことで加入できるようになりました。

アルバイトでは、クリアすることが厳しかった条件かも知れませんが、正社員であれば時給制でも確実に入れますね。

最後に、ボーナスもアルバイト、正社員関係なくもらうことができます。

ボーナスは、企業の業績や貢献度合いによって変わるので、正社員だと多くもらえます。

ただし、新入社員だと夏のボーナスがもらえないこともあるので注意してください。

正社員であれば、月給制であろうと時給制であろうと、意外と制度は整っていることがわかったかと思います。

時給制の正社員はデメリットが目立つ?

時給制のメリットや制度も紹介してきて、「いいことばかりだな~」と思われたかもしれません。

ですが、時給制であるがゆえにデメリットもあるのです。

時給制の正社員はデメリットが目立つ?

給料が固定されない

前述のように給料には、月々によって変動してしまいます。

忙しい時は高収入で、暇な時は低収入となりますよね。

給料が多く入ったからと言って、飲みに使ったり趣味に使ったりしてしまうと、後々生活がきつくなることもあります。

ですので最初は、「いつが忙しくて、いつがひま」ということが分からないと思うので、お金の使い方には気を付けたほうがいいですね。

さらに、年を重ねた時が心配です。

30代、40代になるにつれて体力も落ちてきて、けがや病気も多くなっていきます。

そうなると、働ける日数が減ってしまって給料を少なくなって生活に苦しむ羽目になるのです。

解雇されやすい

時給制の正社員は、会社にとっては補充の社員ような存在になっています。

正社員ですので、アルバイトや派遣社員に比べれば解雇されにくいです・・・

ですが月給制の正社員と比べれば、立場が下になってしまうので解雇されやすいといえます。

結果を出しても給料アップしない

時給制なので、能力給や技術手当てが付きません。

一時間に対して支払われるので、成果を残したとしても給料アップにはならないのです。

あるいは、会社側が高額な給料を払いたくないために、あまり入れてもらえないこともあります。

また、暇な時期ほど急に休みになることもあって、勤務時間や勤務日数を思っていた通りに入れてもらえず給料を稼げないこともあります。

残業代が払ってもらえるので給料アップは見込めるメリットもあるのですが、成果を出してももらえる給料は同じということですね。

コストコは、時給制の働き方を取り入れている

コストコは、時給制の働き方を取り入れている

ここで、大型の会員制倉庫店であるコストコで、時給制という働き方が採用されているので調べてみることにしました。

コストコは、均等待遇というものを導入しています。

均等待遇とは、アルバイトでも派遣社員でも正社員でも平等に扱うということです。

会社は、一番上の立場なのは月給制の正社員です。

なので、仕事を任せてもらえなかったり給料の格差にも開きが出てしまいます。

コストコは、皆平等とすることで能力や努力を考慮して、評価してもらえるのです。

具体的には以下のようなメリットがあるのです。

コストコだからこそできるメリット

  • 生活を安定させる
  • 結婚できやすくして少子化対策をする
  • 優秀な人材を確保する

アルバイトや派遣社員では、どうしても正社員の給料よりも低くなってしまいます。

その中には、正社員として働けない方も多くいます。

例えば、持病をお持ちの方や子育てをしている方、定年を迎えてしまった方などです。

そういう方のために、正社員として同じ時給制にすることで生活を安定させることができます。

生活が安定すること、結婚しやすくもなります。

相手方の両親にも信用してもらえて、少しでも多くの方が結婚できることで少子化対策を期待できます。

また、同じ時給制にすることで、働く意欲ややる気が芽生えて仕事の効率も上がります。

同じような環境で働いてもらうことで優秀な人材を確保することにもつながるのですね。

時代の流れには合っているが月給制がオススメ

時給制は、あなたの頑張り次第で給料アップを見込めます。

休日も多くなり仕事とプライベートを充実できる可能性もあります。

大手のコストコも時給制を取り入れて、労働者の能力ややる気を引き出して会社の利益にもつながります。

時給制なのに正社員で、給料も多くもらえて休みを取れて今の時代にはあっているといえるかもしれません。

ですが、若いうちだけのメリットであって将来のことを考えてみてください。

30代、40代と年を重ねてけがや病気になってしまった時には、給料は減ってしまうということです。

いくら福利厚生が充実しているとはいえ、給料に対して払ってもらえるので入院した時の傷病手当金を少なくなるかもしれません。

能力が下がってくると、月給制の正社員と比べて解雇されやすくなるかもしれません。

メリットよりもデメリットが多くなってきてしまいます。

時代の流れには合っているが月給制がオススメ

いくら時給制の正社員が社会に浸透してきたといえども、月給制の正社員で働いたほうが将来の心配は少ないのは明らかです。

それは最初から収入の安定、それから福利厚生が保証されて、解雇もされにくいからです。

年齢を重ねても、結果を出しておけば平社員から昇格してマネージャーや主任などのポジションにいくことができます。

だからこそ、あなたが今元気で働けて、安定した生活を望みたいなら月給制の正社員がオススメといえますよ。

月給制の正社員は、「ハタラクティブ」「就職Shop」などの就職支援サービスを使ってコンサルタントをサポートを受けることで就職できる可能性が高くなります。

 

-働く際の給与体系

Copyright© 正社員のリアルノート , 2018 All Rights Reserved.